1年でTOEIC900!
分かる! 解ける! 英文法!

こんにちは、メルマガをご購読いただきありがとうございます。Ken Adamsこと鈴木拓です。

1年でTOEIC 900を達成し、現在はTOEIC 990(満点)を獲得。



1日5,000人が訪れる英語学習系最大級サイト、合計10万人以上が購読中の英語学習メルマガを運営しています。

2001年から6年間以上、サイトやメルマガを通じて英語学習のノウハウを提供させていただいており、大変ご好評いただいております。

メルマガやサイトはEnglish Journalや日経Womanなどのメディアに掲載実績があります。



「TOEICのパート5、6難しすぎ!」

「知ってる単語ばっかりなのに理解できない‥。」

「学生時代に英文法やったけど、理解できなかった。」

「TOEICのパート5、6は勘でマークしてるのばっかり。」

「英会話では単語を並べるだけで、めちゃめちゃ。」

「英文法は暗記するものが多すぎて、つまらない!」

「TOEICのリーディングセクションはいっつも時間が足りない。」


こう思っている方の気持ちよーくわかります。私も昔は英文法が大の苦手でしたから。

私も今でこそTOEIC 990(満点)ですが、昔は英文法が分からないがために、英語が苦手で、大嫌いだったから、よーく気持ちがわかります。

実際に中学の通信簿はずーっと2、偏差値も40前後でした。

でも、実は英文法って、しっかりと理解できれば、英文がまるでジグソーパズルのように見えてくるんです!

1. This is the hospital ------ I visited to see Kenny.

(A) which
(B) where
(C) when
(D) why

という問題も、



この空いている場所に入るのは、whichしかない!

とジグソーパズルにように見えます。

This is the hospitalの部分は見なくても、解けます。

ポイントはvisitedの後ろに「穴」があることです。

その穴が見えれば、そこの入れるピースはwhichしかないというのがすぐ見えます。

英文法が理解できるようになると!

 TOEICのパート5、6の穴埋め問題が、パズル感覚で解けちゃう。

 どの分野の問題かが分かるので、文を全部読まなくても解けちゃう。

 すぐに解けちゃうから、リーディングに時間を回せる。

 リーディングも日本語に訳さなくても分かる。

 リーディングも左から右へまっすぐ読めるようになる。

 「知ってる単語ばかりだけど、何が言いたいのかわからない」なんてことがなくなる。

 英会話で自分の言いたいことをしっかり言える。

 そして最終的にはネイティヴ的な感覚を手に入れる。

 では、どうしたら英文法ができるようになるの?

AX